FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日系人学習者と旧移住センターを訪問

10月18日(日)日系ブラジル人・ペルー人とボランティア会員が改装された神戸市の移住と文化の交流センター(旧神戸移住センター)を訪ねました。
appearance.jpg

このセンターは南米に移住する人たちが、全国から集まり、船に乗り込むまでの1週間を過ごした所です。
ブラジルの話やポルトガル語の勉強、健康診断などを
受けて渡航の準備をしました。
昭和46年(1971年)まで現役でした。



この日参加したのは、イケダさんの一家3人などブラジル人8人とペルー人1人、それに会員4人の合わせて13人です。
kouryuukai 0161

阪神元町駅からまっすぐ北へと坂道を登り、センターに着くとまず記念撮影をしました。
そして、関西ブラジル人コミュニティの東連寺さんの案内で館内を見学しました。
自分たちの祖父母や父母が乗ったかも知れない移住船の模型や入植当時の農機具などの展示を見てまわりました。
kouryuukai 0141
kouryuukai 0111
kouryuukai 0121


また、この日は関西ブラジル人コミュニティーの交流会が開かれていて、日系1世や2世の思い出話を聞いたりライブ演奏を聞いたりもしました。

参加したブラジル人に感想を聞いたところ、祖父母や父母とはすでに世代が代わっているようで、「楽しかった」ということでした。(延原)
お知らせ
プロフィール

東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)

Author:東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)
日本語支援を通じて
外国人を含むすべての地域住民が暮らしやすい町づくりと尊敬しあえる人間関係をめざして活動しています

日本語レッスンの模様の動画は
こちら

最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。