FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東灘国際交流のつどい・セレモニー編

東灘日本語教室の開設10周年を記念する「東灘国際交流のつどい」が12月6日、東灘区の「神戸酒心館ホール」で開かれ、盛況のうちに終わりました。

午前11時半からの記念式典では、中国人留学生の楊得洲さんとボランティアの
久保咲子さんが揃って和服姿で登場し、司会を勤めました。楊さんは「楊は楊貴妃の楊だが、
つま楊枝の楊でもある」とユーモラスに自己紹介し、会場を和やかな雰囲気にしました。
DSCF3207.jpg




延原現代表と宮中前代表のあいさつに続き、学習者代表としてマレーシアの呉日良さんが
ややたどたどしい日本語で日本での生活や日本語への思いを語りました。
DSCF3198.jpg
DSCF3201.jpg

DSCF3204.jpg


続いて日系ペルー人のカルロスさんロサさんの一家4人が登場し、楊さんが末娘のキヨミちゃんに
家庭での日本語学習についてインタビューしました。
DSCF3211.jpg


そして、ボランティア代表の和田智美さんが、働きながら日本語ボランティアをすることが
自分にとってどういう意味を持つのかを淡々と語りました。
DSCF3215.jpg



来賓の青木直子大阪大学教授は「いつもボランティアが足りないのは問題だが、それだけ
東灘が人気がある証拠でもある」と話してくれました。
DSCF3226.jpg


神戸国際協力交流センターの大野常務と兵庫県国際交流センターの有吉課長は
行政の立場から、今後も地域の教室を応援してゆくと述べました。
DSCF3228.jpg
DSCF3234.jpg


兵庫日本語ボランティアネットワーク 湯口副代表からも応援のお言葉も頂きました。
DSCF3236.jpg


最後に事務所をシェアしている「こうべ子どもにこにこ会」の田谷さんが「これからも
協力して進もう」とエールを送ってくれました。
DSCF3239.jpg


 (パート1 延原)
お知らせ
プロフィール

東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)

Author:東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)
日本語支援を通じて
外国人を含むすべての地域住民が暮らしやすい町づくりと尊敬しあえる人間関係をめざして活動しています

日本語レッスンの模様の動画は
こちら

最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。