FC2ブログ

東灘日本語教室の歴史と現在

阪神・淡路大震災をきっかけに、神戸では日本に住む外国人をもっと理解し支援しようという動きが強まりました。東灘日本語教室もそうした中で、東灘区の深江地区に多く暮らしている日系のブラジル人やペルー人の支援をしようと、1998年11月に誕生しました。当初は深江会館を教室にしていましたが、「多文化共生センターひょうご」「こうべ子どもにこにこ会」とともに、現在の事務所兼教室に移りました。狭いながらも自前の事務所を持つ神戸市内では数少ない教室です。現在では、日系中南米人のほかに、東灘区に住む中国人やフィリピン人、それに教室の近くにある神戸大学海事科学部の留学生など、いろいろな国、さまざまな職業の人たちが教室に通ってきています。学習者の数は常に50~60人以上、日本語学習の支援をするボランティアは40人近くいますが、土曜・日曜を希望する学習者が多いこともあって常にボランティア不足に悩んでいます。 レッスンは主に1対1のマンツーマンで行っていますが、一人で2人を担当する場合もあり、学習者が多い場合はグループ方式でも行います。またボランティアと学習者は勉強だけでなく、いろいろなイベントも開催して交流しています。最近では、女性の外国人に浴衣を着てもらって、芦屋の花火大会を見る会を開きました。私たちの教室では、外国人に日本語を教えた経験のない人や、日本語教授法の講座を受けたことがない人、それに外国語を知らない人も現にボランティアとして活動しています。興味のある方は連絡してください。
お知らせ
プロフィール

東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)

Author:東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)
日本語支援を通じて
外国人を含むすべての地域住民が暮らしやすい町づくりと尊敬しあえる人間関係をめざして活動しています

日本語レッスンの模様の動画は
こちら

最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ