FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火見物とゆかたの着付け

7月23日(土)恒例の芦屋花火大会見物とゆかたの着付けをしました。

レッスン終了後の、午後5時すぎから教室でまず男性が浴衣に着替えました。
ゆかたを着たのはインドネシアのアディさんとベトナムのティエンさんで、
後になってインドネシアのアグスさんも着替えました。
IMG_3039.jpg
IMG_3044.jpg



続いて、女性陣の番です。中国の李向民さんの奥さんらが着替えた後、
着ようか着るまいかと迷っていたインドネシアのリバイさんもようやく
着ることを決断し、ゆかたにヴェール姿でとても嬉しそうでした。
IMG_3040.jpg
IMG_3043.jpg


午後7時、シートや飲み物食べ物を持って、教室を出発し、芦屋川に向いました。
そして、河畔にシート3枚を張り、早速ビールを飲んだり、お弁当を食べたりして
花火を待ちました。
conv0001_20110804160939.jpg
conv0002_20110804160938.jpg



この日、見物に参加したのは36人で、国籍別では中国11人、ベトナム3人、インドネシア3人、
スペイン2人、ペルー1人、残りが日本人でした。
conv0007_20110804160937.jpg
DSCF1173.jpg

この中には、この日ボランティア養成講座を修了したばかりの後藤先生や、
1週間前に登録したばかりの中国人、それに李向民さんの家族や友人もいました。
DSCF1180.jpg


午後7時50分、花火の打ち上げ開始、スペイン人の子どもエリダちゃんが
「パパ!おとうさん!」とバイリンガルで叫んで喜んでいました。
conv0004_20110804160940.jpg

こうして飲み食いしながら花火見物を楽しんでいるうち、8時半打ち上げが
終わりました。去年よりさらに景気が悪化したことを示すかのような
あっけない終わり方でした。
conv0005_20110804160939.jpg

スポンサーサイト

七夕まつり

今年も七夕まつりの短冊作りをしました。
七夕の短冊作りは、日本の文化を知ってもらうとともに、日本語の勉強にもなるとして、多くの日本語教室で
採り入れられています。
IMG_2802.jpg


短冊作りは6月末から始まり、文字を書く練習にとお習字のセットも用意されました。
外国人学習者の皆さんには、それぞれの願い事を書いてもらいましたが、
自分だけの願いではなく、「みんなの幸せを祈る」という内容が目立ち、
日本人との違いを考えさせられました。
IMG_2810.jpg
IMG_2812.jpg
IMG_2809.jpg
IMG_2811.jpg
IMG_2804.jpg
IMG_2805.jpg
IMG_2807.jpg
IMG_2808.jpg


短冊のほかに七夕飾りも作ってもらいました。日露のダブルのミナちゃん(10歳)が器用にいろいろな飾りものを作ってくれました。
お母さんもお習字の練習をして、親子ともにとても楽しそうでした。
20110630150726.jpg
20110630150841.jpg
7月2日には笹竹をもらいました。本庄ふれあいのまちづくり協議会の人たちが山から切り取ってきたものを分けてもらったものです。
早速、できた短冊や飾りを笹竹に取り付けました。
20110703120505.jpg
IMG_2801.jpg


飾り付けられた笹竹は、残念ながら6日から7日朝にかけての風雨で
多くの短冊が飛ばされてしまいました。
でも、七夕のロマンスは学習者の皆さんの心に残ったものと思っています。
(延原)
お知らせ
プロフィール

東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)

Author:東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)
日本語支援を通じて
外国人を含むすべての地域住民が暮らしやすい町づくりと尊敬しあえる人間関係をめざして活動しています

日本語レッスンの模様の動画は
こちら

最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。