FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語ボランティア養成講座(入門)のお知らせ

当教室主催の
日本語ボランティア養成講座(入門)のお知らせです


日時:
7月10日から9月4日までの毎週土曜日 全8回
8月14日は休み)午後1時30分~4時

会場:
深江会館(神戸市東灘区深江本町3-5-7 
阪神深江駅から1分 JR甲南山手駅から15分)
講師:
後藤ひろ子先生
(神戸国際協力交流センター登録日本語教師)ほか
定員:
20人
参加費:
8000円(資料代含む)

主な講座内容:
・日本語ボランティアとは
・テキストいろいろ
・日本語教育の基礎(動詞の活用の教え方など)
・実際に外国人に教えてみる
・日本語教室見学

後援:
神戸市国際協力交流センター


《こんな人におすすめ!》
・日本語を教えるボランティアをやってみたい方
・日本語や日本語教育に興味を持っている方
・いろいろな国の人と知り合いになりたい方


申し込み方法:
はがき、FAX、e-mailのいずれかに、住所、氏名、年齢、電話番号、(あればメールアドレスも)を書いて
お送りください。

締め切り:6月30日
申し込み・問い合わせ先:
「東灘日本語教室」
〒658-0022 神戸市東灘区深江南町4-12-20-201
TEL/FAX: 078-453-7440
e-mail:hnk_inquiry@hotmail.com
スポンサーサイト

「深江多文化子どもまつり2010」に参加しました

5月23日(日)「深江多文化子どもまつり」が深江会館と大日神社境内を会場に開かれました。

まつりは、東灘日本語教室など3団体と本庄ふれあいのまちづくり協議会などが共催して3年半ぶりに開いたものですが、朝からあいにくの雨となりました。
雨屋台

東灘日本語教室は、まつりの中で各国料理の屋台や民族衣装コーナーを担当しました。雨のため神社の境内で行われる予定だったステージの演目はすべて深江会館内に移されましたが、屋台は屋内に移せないため、予定どおりテントで料理を作って販売しました。

IMG_8340.jpg




出店したのは、中国(水ぎょうざ)、韓国(チジミ)、ブラジル(パステウなど)、アルゼンチン(エンパナーダ)、ペルー(アロス・コン・ポージョなど)、インド(カレー、ナン)、フィリピン(チキンアドボ)、トルコ(ジェゼリィエなど)、フランス(クロック・ムッシュ)の9か国の料理です。このうちインドとブラジルはプロの人に頼みましたが、ほかは日本語教室に通う学習者やその家族が出店しました。


IMG_2655.jpg
ブラジル屋台のデボラさん

IMG_8341.jpg
中国屋台のフルノグループ

餃子屋台
中国屋台の張さん・伊崎さん、アルゼンチン屋台の清水さん

アルゼンチンインド
京極さん、ツダさんのアルゼンチン屋台、ガンガさんのインド屋台

ペルー屋台
ロサさんアリシアさん親娘と真鍋さんのペルー屋台

雨のため客足は当然悪く、赤字になることが心配されましたが、アルゼンチンのエンパナーダ(ミートパイの一種)が昼過ぎには完売しました。午後になって一時的に雨が小降りになったため、ほかの店もなんとか売れ出しました。準備した量が多かったせいか、水ぎょうざとチジミがかなり売れ残りましたが、それでもほとんどが黒字でした。



 一方、民族衣装のコーナーは初めての試みだったため、最初のうちは眺めるだけの人が目立ちました。その後、変身することに興味がありそうな小学校高学年の女の子やボランティアの女子大生が立ち寄り、延べにして20人ほどのお客さんがありました。そして、韓国のチマチョゴリやインドのサリーに着替えて写真におさまり、友人たちと盛り上がっていました。

民族衣装コーナー①
多文化着付ボランティア「和だんすごっこ」着付スタッフと
チマチョゴリ着付の練習中。モデルは泉谷さんです



IMG_2659.jpg
IMG_0164.jpg
IMG_2648.jpg
宣伝中の高野さん

民族衣装コーナー②
小さな参加者と写真におさまる宇都


こうして、まつりはなんとか予定どおりに終わりましたが、なんとも雨が悩ましい一日でした。
(延原・宇都)

おまつりの前夜

IMG_0139.jpg
おまつりの前日の土曜日


あやしい雲行きにもかかわらず
教室は餃子づくりで大賑わい。
IMG_0144.jpg
IMG_0140.jpg
参加したボランティアは
土曜日メンバーと
どこで聞きつけたか元土曜日メンバーも!

IMG_8328.jpg


IMG_0142.jpg
「餃子大王・李さん」「餃子クイーン・ムユリンさん」に続けと
弟子入りしたのは于さん・遅さんですが


餃子づくりはうまくなったかな??



IMG_0143.jpg
おいしそー!!
(宇都)

サンテレビの取材

神戸市広報テレビ番組「好き!神戸」
に「深江多文化子どもまつり」の様子などを取り上げてくださることになっています。

その企画を受けてサンテレビが
23日のおまつり当日に加えて
20日(木曜)に教室の風景を撮りに取材に来ました。


取材を受けたのは
朱さん(中国)・荒川さん(ブラジル)でした。

IMG_0103_20100529175739.jpg
IMG_0104_20100529175739.jpg
IMG_0105_20100529175847.jpg
緊張ぎみの面持ちのお二人です。
番組ではお二人はどんなふうに写っているでしょうか?



放送日時です。
サンテレビ 
2010年6月19日(土)午前10:00~10:15

JCOM(エリア北区を除く神戸市内全域)
2010年7月3・10・17・24日毎週月曜日9:00~
アナログ9ch/デジタル11ch

JCOM神戸美木(エリア;北区)
2010年7月1日(木)~31(土)
①7:00 ②10:00 ③18:00 ④22:00
ただし、土日は②の放送がありません
アナログ9ch/デジタル11ch

神戸市のホームページ
「KOBEムービーチャンネル」で動画配信予定

放送日はまだ少し先なのですが、ぜひご覧になってください
(宇都)

ペルー料理とおしゃべりの会

4月22日(木)「ぺルー料理とおしゃべりの会」を本庄地域福祉センターで開きました。


ペルー料理 007
1月に開いた「韓国料理とおしゃべりの会」に続く催しで、講師は東灘日本語教室の
学習者で日系ペルー人のロサ・クリサキさんです。


ペルー料理 012
参加したのは地元の主婦ら20人で、中には日系ブラジル人の方もいました。


ペルー料理 005
ペルー料理 004
まず、本庄ふれあいのまちづくり協議会の佐野末夫委員長が「外国人とともに暮らす
まちづくりを進めましょう」とあいさつしました。




ペルー料理 006
続いてロサさんが娘のアリシアさんとともに、これから作るロモサルタードとアロスコンレッチェ
の説明をしました。そして隣の調理室に移動して、2つの料理作りに取り組みました。
アロスコンレッチェが少々手間取ったものの、手分けして割合簡単に作り上げました。


ペルー料理1
ペルー料理2
早速試食会です。ロサさんが家で作ってきたアルファホールというペルー菓子も出されました。
アロスコンレッチェは日本人には少々甘すぎたようでしたが、皆さん珍しい料理に挑戦していました。

ペル<a href=
ペルー料理 023
食事をしながら、ペルーの料理や日本で働く日系人のことなどを話し合いましたが、
東灘区に日系人が多いことを初めて知った人もいて、良い交流の場になったようです。
参加者の感想です。「ペルー料理を食べるのも、日系の方たちに会うのもはじめてだったので、
とても楽しかったです。神戸は外国人が多いと知っていましたが、交流する機会がないので、
このような機会が増えるといいです」
(延原)

ペルー料理 008
ペルー料理 014

深江多文化子どもまつり2010

来る5月23日に
東灘日本語教室がある深江のまちで
「深江多文化子どもまつり2010」が開催されます。

FI22887_0E.jpg
おまつりブログはこちら



当教室は
「こうべ子どもにこにこ会」「多文化共生センターひょうご」と共に実行委員会に参加しており
主に、受講生が腕をふるうお料理の屋台を受け持っています。


23日には多くの方がおまつりに来てくださるようにと願っております。
みなさま
深江でお会いしましょう。





(おまつりの詳細)

日時:    2010年5月23日(日) 11:00~15:00
場所:    深江会館(阪神深江駅徒歩1分)
イベント内容:多文化な屋台・ステージ・ゲーム・民族衣装体験・読み聞かせ・共同制作コーナーなど
おまつりのグランドデザイン:

【おまつりへの想い】
 
古くから港もあり、漁業のまちとしても栄えていた深江のまち。

海外からの文化や人材の交流も盛んで、
実は当時から「異文化交流のまち」としての顔を持っていました。

そして社会のグローバル化や阪神大震災を経てコミュニティも変化し、
現在では外国からの労働者も多く在住しています。

まさに「多文化社会」の縮図がこの深江のまちです。


そして、阪神淡路大震災を契機に
集合住宅が増加し、人口の約50%が他地域出身の方です。


多様な人々が暮らす「深江」のまちを

暮らす人、働く人、学ぶ人がつながれる場
コンパクトなまちのサイズを活用
ホスピタリティあふれる、「来たくなるまち」
それぞれの文化背景に対する配慮(言語、バリアフリーなど)
さまざまな人がまちづくりに参画できる機会

そのためにはまちづくりを担う、次世代の育成が大切だと考えます。


私たちはそんな深江のまちを
地域のみなさんと見つめ直す機会になることを願って

「深江多文化子どもまつり2010」を開催します
お知らせ
プロフィール

東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)

Author:東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)
日本語支援を通じて
外国人を含むすべての地域住民が暮らしやすい町づくりと尊敬しあえる人間関係をめざして活動しています

日本語レッスンの模様の動画は
こちら

最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。