FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルシャ料理で交流会

秋の連休最終日の9月23日(祝)
当教室のボランティア会員の「交流会兼研修会」が
神戸元町のペルシャ(イラン)料理店「パース・クズィン」で開かれました。
09-07-17_12-03.jpg

このレストランは受講生のイラン人留学生がひいきにしている店で
彼女に誘われた会員がたまには変わった所でと、紹介したものです。
09-07-17_12-06.jpg


交流会に参加したのは、女性19人男性6人の合わせて25人で、
さすがにペルシャ料理は初めての人がほとんどとあって、興味津津の様子でした。
オーナーシェフのハミッド・モタギザトさんと日本人の奥さんからペルシャ料理の説明があった後、早速食事です。
kouryuukai 004
kouryuukai 006
kouryuukai 001



メニューは豆のスープ、牛肉と羊肉のケバブ、チキン、たっぷりの野菜、
それにナンとサフラン入りのライス、最後にチャイも出ました。
イランの香味野菜の香りが特徴的でしたが、日本人にも食べやすくなっていました。
09-07-17_12-33.jpg09-07-17_12-35.jpg

交流会は顔を会わせることが少ない会員同士が知り合ってもらうためのもので、
全員が自己紹介して抱負などを語りました。
食事の後は研修会で、藤川多津子さんが講師になって
「日本語学習支援のスキルとマインド」について話してくれました。
藤川さん


研修会の間も、イランの珍しい菓子が出され、会員たちは講師のお話とデザートに満足していました。
09-08-14_13-01.jpg

(延原)
スポンサーサイト
お知らせ
プロフィール

東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)

Author:東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)
日本語支援を通じて
外国人を含むすべての地域住民が暮らしやすい町づくりと尊敬しあえる人間関係をめざして活動しています

日本語レッスンの模様の動画は
こちら

最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。