東灘国際交流のつどい・ショータイム編

食事の後のパーティーは、大阪のボランティアグループによる大正琴の演奏からスタートしました。
DSCF3257.jpg

マツケンサンバの演奏に合わせて、チョンマゲ姿の楊さんマツケンが登場すると、場内は笑いにつつまれ、一気に盛り上がりました。
CIMG1786.jpg

民族衣装ファッションショーには、中国、韓国、フィリピン、ベトナム、日本の民族衣装をつけた8人が華麗に登場しました。
東灘日本語教室 10周年記念019

チャイナドレスを着た張紅燕さんは、いつものまじめな張さんとは思えない妖艶さでした。
張さん



それもそのはず、
楽屋裏ではメイクはパラグアイ日系人の工藤さん、ヘアメイクは松下さん、着付けは宇都さんが担当し、各国のドレスの着付けは受講生たちが手伝ってくれました。
CIMG1782.jpg
左から
韓服パジチョゴリ・莫さん(中国)
日本振袖・権威さん(中国)
ベトナムアオザイ兼メイク担当・工藤さん(パラグアイ日系人)
日本羽織袴・楊さん(中国)

V6011204.jpg
真中はフィリピンの正装ブラウス「バロンタガログ」を披露しているアンジェロさん。
両隣はビンセントファミリーの飛び入り参加!

V6011206.jpg
ファンさんもアオザイの説明にステージ上へ。




そして、中国人留学生グループが「北国の春」などを合唱してくれました。
中国コーラス

崔超さんが京劇で歌われる歌を見事に歌いきると、盛大な拍手が送られました。
崔さん


続いて、ブラジルの格闘技・カポエイラの演技です。ボランティアの横山さんが属するグループが出演してくれたものですが、その迫力に観客の子どもたちは身を乗り出していました。
カポエイラ


そして、ボランティアの河野さんが1人で堂々とクラリネットの演奏を披露してくれました。
GetAttachment[1]


次はアルゼンチンのロミーナさんのタンゴです。ちょっと変わったセクシーな踊りを披露してくれました。
ロミーナ

そして、ロミーナさんがサルサを踊り、ほかの人を誘うと、ロサさんの一家や藤川さん、岡本さんらが
なかなか達者な踊りを見せてくれ、場内は大いに盛り上がりました。
サルサろみな



続いてフィリピンの16人のグループが登場し、大人はクリスマスソングを、子どもたちはダンスと歌を披露してくれました。この日のために、前日も練習したとあって、見事なハーモニー聞かせてくれました。
DSCF3224.jpg

フィリピン



フィナーレは片山さんの「幸せなら手をたたこう」です。中国で日本語を教えていた時に披露した経験があるということで、子どもたちも大喜びでした。
katayama.jpg


式典の参加者は60人ぐらいでしたが、パーティーには110人ぐらいの人が詰めかけ、とにかく大盛況でした。

前代表の戸田さんもパーティーに間に合ったほか、ほかの教室の関係者らも来てくれましたが、
参加者はみんな「楽しかったな、東灘はすごいな」と言ってくれました。
(パート4 延原・宇都)

東灘国際交流のつどい・お料理編

式典の後の食事会には

于さんの水ぎょうざ(中国)
ファンさんの生春巻(ベトナム)
福井さんのぜんざい(日本)

洪さんののり巻きとチャプティエ(韓国)
お料理3

ビンセント・ファミリーのCPA(チキン・ポーク・アドボ)(フィリピン)
ロサさんのアロス・コンポイヨ(ペルー)
お料理1

プロシェフ西本さんの各種サラダとピザ
お料理2


などなど、お料理ブースには珍しい料理がずらりと並べられました。
いずれも学習者かボランティアが作ったもので、韓国料理の洪さんは午前4時、ベトナムのファンさんは午前5時に起きて作ってくれたそうです。
CPAとアロスコンポイヨはご飯と一緒に食べるものですが、説明不足のためかご飯だけ残ってしまいました。
また、お客さんが一度に詰めかけたため、用意していた紙皿とわりばしがなくなってしまい、あわてて近くのコンビニに買いにゆく一幕もありました。

食事の内容については、別途詳しくご紹介したいと考えています。
(パート3 延原)

東灘国際交流のつどい・幕間編

会場設置
DSCF3195.jpg
お客さんが来てしまう~~!


楊さんと久保さんの打ち合わせタイム
DSCF3193.jpg
真剣です!


受付
E69DB1E78198E697A5E69CACE8AA9EE69599E5AEA4E38080EFBC91EFBC90E591A8E5B9B4E8A898E5BFB5003.jpg
いらっしゃいませ~~


客席
DSCF3230_20081213162705.jpg
お客様もお待ちかね


厨房
DSCF3222.jpg
あ~~忙しい忙しいぃ!!


お料理ブース
DSCF3238.jpg
おいしいよ!!


ランチタイム
DSCF3251_20081213165225.jpg
ごはん♪ごはん♪
おいしそーだなっ

ショータイム間近
DSCF3224.jpg
なにをするのかな?

赤ちゃんも
DSCF3266.jpg
わくわく!





では!
CIMG1780_20081213164637.jpg
ショータイム開始!!



(パート2 宇都)

東灘国際交流のつどい・セレモニー編

東灘日本語教室の開設10周年を記念する「東灘国際交流のつどい」が12月6日、東灘区の「神戸酒心館ホール」で開かれ、盛況のうちに終わりました。

午前11時半からの記念式典では、中国人留学生の楊得洲さんとボランティアの
久保咲子さんが揃って和服姿で登場し、司会を勤めました。楊さんは「楊は楊貴妃の楊だが、
つま楊枝の楊でもある」とユーモラスに自己紹介し、会場を和やかな雰囲気にしました。
DSCF3207.jpg




延原現代表と宮中前代表のあいさつに続き、学習者代表としてマレーシアの呉日良さんが
ややたどたどしい日本語で日本での生活や日本語への思いを語りました。
DSCF3198.jpg
DSCF3201.jpg

DSCF3204.jpg


続いて日系ペルー人のカルロスさんロサさんの一家4人が登場し、楊さんが末娘のキヨミちゃんに
家庭での日本語学習についてインタビューしました。
DSCF3211.jpg


そして、ボランティア代表の和田智美さんが、働きながら日本語ボランティアをすることが
自分にとってどういう意味を持つのかを淡々と語りました。
DSCF3215.jpg



来賓の青木直子大阪大学教授は「いつもボランティアが足りないのは問題だが、それだけ
東灘が人気がある証拠でもある」と話してくれました。
DSCF3226.jpg


神戸国際協力交流センターの大野常務と兵庫県国際交流センターの有吉課長は
行政の立場から、今後も地域の教室を応援してゆくと述べました。
DSCF3228.jpg
DSCF3234.jpg


兵庫日本語ボランティアネットワーク 湯口副代表からも応援のお言葉も頂きました。
DSCF3236.jpg


最後に事務所をシェアしている「こうべ子どもにこにこ会」の田谷さんが「これからも
協力して進もう」とエールを送ってくれました。
DSCF3239.jpg


 (パート1 延原)
お知らせ
プロフィール

東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)

Author:東灘日本語教室(所在地:神戸市東灘区深江地域)
日本語支援を通じて
外国人を含むすべての地域住民が暮らしやすい町づくりと尊敬しあえる人間関係をめざして活動しています

日本語レッスンの模様の動画は
こちら

最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ